先日、名古屋市熱田区一番2丁目に住んでたおじいちゃんの家を遺品整理してもらいました。

 

 

熱田区一番2丁目というよりイオンタウン 熱田千年、愛知時計電機の本社、愛知県立熱田高校が近くにあります。

 

 

遺品整理をしようと決めたのはおじいちゃんの49日の法要が終わったときです。

 

 

おばあちゃんは5年前に亡くなったので、おじいちゃんの家は空き家になってしまいました。

 

 

家族で家の中を片付けようとしたのですが、熱田区のゴミ処理の仕方について調べたんですが、すごく面倒なんですよね(-_-;)

 

 

処分場へ持って行く前に熱田環境事業所(名古屋市熱田区伝馬二丁目30番6号)ってとこで手続きが必要になります。

 

 

あとは可燃ごみは南陽工場(名古屋市港区藤前二丁目101番地)、粗大ごみは大江破砕工場(名古屋市港区本星崎町字南4047番地の13)に持って行かないといけないみたいです。

 

 

しかも平日しか処分場に持っていけません。

 

 

私たちの家族はみんな土日休みで有給をとってまで片付けをするわけにはいきません・・・

 

 

そこで遺品整理を業者にお願いすることにしました。

 

 

ただ【名古屋市 遺品整理】とネットで調べるとものすごい数の業者が出てきます・・・

 

 

おじいちゃんはカメラが好きで、どこに行くにもカメラを持ち歩いてた人だったので価値のあるものがあるかもしれない。

 

 

せっかくなので片づける前に買い取りしてもらえればいいなーということでファミリーリサイクルの増子さんに査定に来てもらいました。

 

 

あまりお金になるのはなかったみたいなんですが、唯一ライカっていう一眼カメラがあり、レンズと合わせて32万円で買い取りしてもらえました。

 

 

正直、私にはそのカメラはボロボロというか古い感じのやつで、自分たちで遺品整理してたら確実に捨てていたと思います(^-^;

 

 

増子さんに遺品整理についての相談もし、信頼のできる業者さんを紹介してもらいました。

 

 

おじいちゃんの家は昔ながらの2階建ての5LDKでした。

 

 

おばあちゃんの遺品もそのままだったし、重たい昔からある家具なんかがすごく多い家でした。

 

 

作業代は87万円とのことでしたが、以前片付け費用の見積もりをとった会社には100万円を超える見積もりをもらってたのでお願いすることにしました。

 

 

しかも作業中は増子さんも立ち合い、買い取りできるものがないか確認しながら作業をしてくれました。

 

 

そのおかげでタンスの奥からたぶんおばあちゃんがヘソクリで貯めてたであろう現金が200万円ほど出てきました。

 

 

あとはおばあちゃんの使ってたアクセサリーがあり、偽物しかないと思ってたのに19万円で買い取りしてもらえました(笑)

 

 

最終的に買い取りなどを合わせると片付け費用を払っても150万以上も黒字になりました。

 

 

片付けが終わり、おじいちゃんの家も売却が決まりひと段落しました(^^)/